SDGs時代に最適な住まい!中古住宅の基本雑学や優良物件をご紹介します

このサイトでは、SDGs時代に最適な住まいを探すときに活用出来る、中古住宅の基本雑学・優良物件を紹介してます。
購入する前の内覧でのチェックポイントや、立地条件で気を付けたいことも記載しているので参考になります。
これまでは新しい物ばかり注目されてきましたが、近年は古い物も大事にして長く使っていけることを重視されはじめてます。
地球環境問題の事も含めて、継続可能な世界にしていくにも中古の物件を活用することも欠かせません。

SDGs時代に最適な住まい!中古住宅の基本雑学や優良物件をご紹介します1

中古住宅を購入して、リフォームやリノベーションして住む人が増えてきてます。
勿論、中古住宅だと新築と比べて安価なので費用の面で選ぶこともありますが、SDGsの時代にも中古の家を選ぶことはいいことだと言えます。
中古を購入する場合、建物だけでなく敷地の条件は重要でこれは失敗が出来ません。
最寄り駅から近くて通勤に便利、スーパーなども傍にあって学校などもあるとなると住みやすいと感じます。
しかし、それでも売りに出されたなら、何か別に原因があるわけで、家族の事情・周囲環境の変化など、増築や建て替えをする予定なら何か問題がないか調べておいた方がいいです。

中古住宅はリノベーション物件も多く新築同等の暮らしが実現します!

自宅を中古住宅にする場合には、まず購入する必要がありますがこのときには否定的な考えを持っている人もいるかもしれません。
中古住宅と言えば、どこか古臭くそして今の住宅よりも大きな地震が発生した場合耐えられなさそうな感じがするからです。
とは言え、中古住宅といってもいろいろな種類があるため、一概に今の住宅と比較して弱点が多いとは言えません。
基本的に耐震設計に関しては、特殊な建築会社以外は昔からそれほど変わっていません。
少なくとも、ここ20年位の間に建築された住宅では、そこまで大きな違いは無いわけです。
そして、これをリノベーションすることができれば新築住宅とあまり変わりのない見た目になる事は間違いありません。
リノベーションをすることにより、見た目を新しくすることができるわけです。
この時当然ながら、建物の形自体は変えることができません。
外壁や内壁あるいはフローリングをきれいにすることに加えて、価値を高めることで住みやすくすることが可能です。

中古住宅購入の流れは至って簡単!申し込みにローン事前審査後売買契約に引き渡し!

中古住宅を購入する場合には、その手続きが難しいと考えている人も少なくありません。
中古住宅の場合の手続きは非常に簡単なものとなっており、これを知っておくことで良い物件が見つかった場合にスムーズに手続きを行うことができます。
一般的には住宅購入の申し込みを行った段階で、不動産会社が金融機関にローン事前審査を請求することになり、その結果を受けて売買契約を結ぶことになります。
新築住宅の場合には手付金の支払いや棟上げ後の一時金の支払い等、様々なタイミングでの支払いが発生するものですが、中古住宅の場合にはこのような面倒な手続きがなく、申し込みを行い契約が締結できればすぐに進むことができるため、その流れを覚えておくと非常に便利です。
中古住宅の中には引き渡し前にリフォーム等が発生することも多いものですが、これらは支払いタイミングには影響を及ぼさないことになるため、非常にスムーズに入居することができるのが特徴となっています。

中古住宅は補助金として条件を満たせばすまい給付金で最大50万円受給できます!

中古住宅ではすまい給付金をもらえないと考えている人は少なくありませんが、そんなことはありません。
条件を満たしてさえいれば中古住宅でもすまい給付金をもらうことは可能です。
ただし、もらう前に必ず条件を確認することが必要となるため、確認時手から利用することが重要となります。
基本的に重要なのは2つです。
消費税が課税される物件であることと、既存住宅瑕疵保険に加入できる物件であることだといいます。
消費税が課税されない物件というのは、個人同士の売買であることです。
売主から直接購入すると、消費税が課税されません。
対して不動産業者に依頼すると確実に消費税が課税されるため、給付金対象となります。
既存住宅瑕疵保険は第三者である専門家により、住宅にひびや雨漏りがないことを確認できている物件が加入できる物です。
これ以外にも床面積や年齢制限、さらに物件売買時の検査など多数の条件があります。
すべて合致していれば最大50万円まで補助金が給付されるため、調べて損はありません。

中古住宅は高度成長期に立地条件の良い場所に建築された優良物件も多いです

資金を抑えて家を持ちたいという人に、中古住宅は大変おすすめの物件です。
新築住宅よりも2割から5割値段が安く、手に入れやすい物件がそろっています。
「安いということは立地が悪いのでは」と心配される方もいますが、中古住宅はそういった悪条件のものばかりではありません。
たとえば、中古住宅の中には数十年前の高度経済成長期に建築された物件も存在します。
そうした土地バブル時代に建てられた家は、立地条件が良くお得な優良物件である可能性もあるのです。
立地条件は時代とともに変化することがあります。
中古住宅そのものが建てられた時代は開発されていなかった地域でも、現在はさまざまな施設やお店が並ぶ良い区画となっているケースも見られるものです。
中古だから、手頃な値段だからと言って避けていては良い物件を見逃すことになりかねません。
現在は空き家そのものを手放す人も多いので、買い手としてはさまざまな物件から好みのお家を探すことが出来ます。

に関する情報サイト
中古住宅の基本雑学・優良物件

このサイトでは、SDGs時代に最適な住まいを探すときに活用出来る、中古住宅の基本雑学・優良物件を紹介してます。購入する前の内覧でのチェックポイントや、立地条件で気を付けたいことも記載しているので参考になります。これまでは新しい物ばかり注目されてきましたが、近年は古い物も大事にして長く使っていけることを重視されはじめてます。地球環境問題の事も含めて、継続可能な世界にしていくにも中古の物件を活用することも欠かせません。

Search